インテリア

大規模なリノベーションで生活の質を高める

キッチンの快適化

男性

キッチンは一般的に、食材の加熱のためガスコンロやIHヒーターなどと食材や食器の洗浄のためのシンクで構成されるが、この他にも食器洗い洗浄機や収納設備などを備える場合もある。賃貸住宅、自己所有のマイホームのいずれの場合でも必ず設置される設備であるが、前者の場合は必要最低限出あることも多い。一方で後者の場合は、食器洗浄機などの設備が組み込まれたシステムキッチンが採用されることが多く、マイホームの魅力の一つとなっている。最近では、元々のキッチンをリフォームもする傾向も見られている。

賃貸物件のキッチンは、物件そのものの建設コストを軽減するため、最低限の設備となっていることが多い。具体的には、シンクは設置されているものの加熱調理器具については、備わっておらずガスコンロなどを設置するためのスペースが備わっているのみである。また、スペースそのものも広いとは言えず、二人で作業をしたい場合でもスペースの問題から困難となっている。なお、多くの賃貸物件のキッチン設備は上述の通りであるが、一部の賃貸物件では他の物件との差異化を図るために、ハイグレードな設備を導入する事例も増えており、人気を博している。

一戸建て住宅や分譲マンションといった、いわゆるマイホームの魅力の一つは、賃貸物件とは比べものにならない各種設備の充実度である。キッチンもその例にはもれず、非常に充実した設備となっていることが常である。例えば、食器洗浄機のほか、コンロ、オーブンなどが標準的に備わっており、収納に関してもかなりの量の食器などを収納できるスペースが確保されている。また、キッチンそのもののデザインも考慮されており、天板には人口大理石、各種収納の扉などには天然木が使われるものもある。